オンラインショップ
?道模型 ハンダ付け イベント SHOP ジオラマ 会社案内 カツミ資料室
製品案内 工作教室   目黒店      
      有楽町店    
      池袋店    
      横浜店    
         



第5回

28.「屋根裏金具」(G-3)の組立て
ネジ穴部を折り返し、2重にしてハンダづけをします。

29.「アングル」(D-1)の組立1
ネジ穴面が2重になるように2回折り曲げます。乗務員扉下の足掛け部分も曲げておきます。

30.「アングル」の組立2
重ねた部分の流し穴からハンダを流します。

31.基板にスイッチを取付けます。この時は、配線用のハンダで取付けます。

32.前照灯・尾灯の基板は、画像の様に車体に取付けます。

33.配線を施した基板は画像の様に、車体と床板に取付けます。<さいごに>
従来の「電関キット」とは構造が異なり、かつ細かい部品が多いように見えますが、部品合わせの正確さや、ヤスリがけ・キサゲ箇所の少なさ等、実はストレスなく工作が進められるような構成(構造)となっております。是非、完成に向けて頑張って下さい。

第4回

20.「ダクト」の組立て1
ダクト天板(C-2)を曲げます。先ずは単3乾電池に宛がい、軽くRを付けます。

21.「ダクト」の組立て2
続いて単4乾電池に宛がい、深いRを付けます。

22.「ダクト」の組立て3
天板先端の突起をダクト妻板(C-1)の穴に差し込み、仮止めをします。

23.「ダクト」の組立て4
付け根の突起も該当する穴に差し込み、仮止めをします。

24.「ダクト」の組立て5
良ければ、本流しをします。

25.「ダクト」の組立て6
ダクトフィン(C-3)は、筋が付かないように軽くたわませ、妻板の穴に差込みます。全て
差込んだら、ピンセットでフィンを真っすぐに直します。

26.「ダクト」の組立て7
妻板から出ている突起を手早くハンダ付けします。

27.「ダクト」の組立て8
突起は精密ヤスリで削り取ります。

第3回

14.「前面」接合
車体に前面を取付けます。

15.「前頭部」の取付け1
前頭部(ロストワックス)は磨いた上で、全面+車体に仮止めします。

16.「前頭部」の取付け2
バランス良く仮止めが出来たら、裏側から本流しをします。

17.「平屋根」の組立て1
平屋根本体(G-2)に平屋根妻板(G-1)をハンダ付けします。

18.「平屋根」の組立て2
平屋根妻板の三日月部分を外側に曲げ、流し穴からハンダを流します。

19.「平屋根」の取付け
組立てた平屋根を車体屋根開口部に、裏側から取付けます。

第2回

7.「キャブ支え」(A-5)の取付け1
溝を内側にして曲げます

8.「キャブ支え」の取付け2
ヘッドマーク掛けを前面穴(下段)に差し込み、ハンダ付をします。

9.「ヘッドマーク掛け」(J-24)の取付け1
内張り中央上部をV字にカットしておくと、差込み易くなります。

10.「ヘッドマーク掛け」の取付け2
前面穴(上段・中段)に差込み、ハンダ付をします。

11.「ヘッドマーク掛け」の取付け3
外側に出た支えの溝を起点に、直角に曲げます。

12.「窓周り」(A-4)取付け1
正面から仮止めをします。

13.「窓周り」取付け2
ドライバーの柄などでRをつけ、側面も仮止めします。バランスが良ければ、本流しをします。

第1回

1.車体「外張り」と「内張り」の貼り合わせ
ハンダ流し穴に、少量のハンダを流し込みます。 薄い真鍮版は熱で膨張したり反ったりするので、下(裾)から上へ、中央から外側への順で流し込んで下さい。

2.「前面」(B-1)の組立
車体同様「外張り」と「内張り」の貼り合せをします。「前面」も裾側から流し込みをします。

3.「前面」の曲げ1
曲げ加工には、付属の「先頭部曲げガイド」を用います。そのままでは強度が足りないので、いらないランナーをハンダ付けし、しならないようにします。

4.「前面」の曲げ2
前面裏縦溝部にR(曲面)を付けます。ドライバーの柄などを押し当てて少しずつ曲げます。

5.「前面」の曲げ3
中央部の溝にヤットコなどを宛がい、少しだけ角度をつけます。

6.「正面」の曲げ4
軽めに曲げた前面を「治具」にあてがい、正確な形状に調整します。

EF80 1次型 車体キット  1/80 16.5mmゲージ

EF80は、1963(昭和38)年から63両が製造された交直流電気機関車で、常磐線の寝台特急「ゆうづる」などの牽引機として活躍後、1986(昭和61)年に全車が消滅しました。今回は1次型の中から20系客車牽引用として改造された1〜12号機のヒサシの無い姿をプロトタイプに製品化します。

■キット 108,000円(本体価格) <主な製品仕様について>

★車体:エッチング
★前頭部:ロストワックス製
★屋根板:エッチング
★屋上機器:主にロストワックス製
★手摺・水切り:エッチング
★スカート・スノープロウ:ロストワックス製
★MPギヤ(エンドウ製):特注品(φ14.0・WB27.5o) ※キットに付属されます。
★台車:新規製作(ダイキャスト製) ※キットに付属されます。
★ヘッド・テールライト:LED仕様
★車体番号・銘板:エッチング板で添付します。

<別売部品のご案内>
※車体キットに「MPギヤ」「台車」は付属しています。それ以外の下記部品は別途お買求めください。
●パンタグラフ:PS19 平シュー銀(モデルスイモン製PA1025 ※取付ピッチ17×19)
●モーター:キヤノンEN22軸短モーター(エンドウ製#5607)
●ジョイント:ACEジョイントφ2.0-φ2.0(カツミ製)
●中間車輪:φ14.0ボックス両絶車輪(エンドウ製#5327)
●連結器:KD-5など
Copyright(c)katsumi Co.Ltd. All Rights Reserved